スタートラインの能力、吸収する能力には個人差がある

新東電算の独自の教育制度とはこれを前提としています。
大手企業様とプロジェクトは最先端分野のため、C# や .NET など希少価値のある高度な技術が習得できます。

また技術のみならず、SEでありながら営業す る能力(分析力、提案力、コミュニケーション能力)も培います。そしてあなたを一流のSE、営業マンに育て上げます。

社員教育について

入社前研修

2001年から、内定者を対象にした入社前教育を導入します。自宅のパソコンからインターネットを使ってアクセスし、入社後の業務に必要な基礎知識を学び ます。自宅でできるので好きな時間に好きなだけ進められ、学習効果もあがると期待しています。カリキュラムはコンピュータの概要からハードウェアの基本原 理、ソフトウェアやネットワークの基礎にいたるまで盛りだくさん。ひと通りマスターしておけば、入社後即戦力として活躍するまでの時間も大幅に短縮するこ とができます。文系出身と理系出身の人とが全員同じ技術レベルで入社日を迎えられるようにするための制度でもあります。

新入社員研修

改めてコンピュータの基礎から応用までを学びます。2000年までは4月~6月の3ヶ月間をこれにあてていましたが、入社前研修の導入で期間が1~2ヵ月に短縮されるかもしれません。

OJT研修

新入社員研修が完了するとシステム開発部門に配属され、実際の実務を経験を経験しながらより実戦に即した知識と経験を積んでいきます。企画・提案型エンジニアを育成するため、積極的に顧客折衝などに同行させています。

体系的な教育制度

ITスキル研修だけに限らず、ビジネスマナーからマネジメントスキルまで幅広いヒューマンスキルの向上を目指したプログラムを導入しています。
集合研修だけではe-ラーニングも採用することで入職時研修、階層・職種研修にも柔軟に対応しています。また、習得をチェックする診断テストを受検することで習得度を見える化し、次の学習計画作りにも役立ちます。

新東電算の環境作り

人事評価制度

成果主義の考え方を取り入れ、仕事の結果でその人のもつ能力や努力を評価する制度へ徐々に切り換えを図りつつあります。真の実力を試されることになります が、結果を出せばそれが即収入に反映します。個人の能力を公正に判断し、よりよい待遇を保証・獲得するための制度といえます。2年後には年棒制も導入の予 定です。

利益分配制度

会社であげた収益は社員全員のもの。新東電算では財務内容をオープンにし、黒字が出れば決算賞与として全社員に分配する制度を取り入れています。決算賞与は過去20年、連続して支給されています。

若手経営ボード

入社年次ごとに7、8名の社員が集まってミーティングを開き経営に対する意見を交換します。ボトムアップで若手社員の新しいアイデアや意見を吸い上げ、経 営への参画意識を高めるために設けられた制度です。会社は誰のものでもない、みんなのもの。皆さんも経営者の一人として参加してください。